健診の受診勧奨において利用できるサービスを紹介

健康診断の実施をはじめとした従業員の健康管理を行うことは、法律で定められている企業の義務です。企業の規模によっては社員が全員一斉に健康診断を行うことが難しいため、各自で健康診断を実施する形式を取っているところが多いのも実情です。しかし、受診を社員に任せた場合に多いのが、スケジュールが確保しづらいなどの理由から受診に行かない社員がどうしても発生してしまうことです。そのような場合は社員に健診の受診勧奨を行う必要が出てきますが、全ての社員の健診の実施状況をその都度把握し続けるには多くの労力を要しますし、担当者の負荷も大きくなってしまいます。これらの問題を解消するために、受診勧奨に特化した代行サービスがあることをご存じでしょうか。今回は、受診勧奨サービスの業者の内容や利用のメリットなどについて説明します。

受診勧奨サービスは何をしてくれるのか

受診勧奨サービスとは、受診者のリストをもとに、未受診者に電話やはがきなどで受診勧奨を行ってくれるものです。業者によっては未受診者の自宅から近い医療機関を一覧にして送付する、未受診になってしまった理由を聞いて分析し、まとめたデータを企業に返却してくれるところもあります。通知する案内文についても、企業が作ったものを同封する、案内文がない場合は業者が作成してくれるだけでなく、個別に過去の健診結果などを踏まえたデータを送付し、受診勧奨を行うなど、未受診者の目を引く工夫を行ってくれます。企業にとっても、受診勧奨の手間が省かれるだけでなく、未受診になった理由を知ることで、業務負担によるものなのであれば現場に周知するなどといった対策を立てることもできるようになり、翌年以降の受診率の増加を見込むことができます。

受診勧奨サービスを利用するメリットとは

健診の受診勧奨を外部業者に代行依頼することで得られるメリットは、担当者の負荷を減らすことだけではありません。健診の際、企業が指定した医療機関以外にも、未受診者1人ずつの自宅の近くやかかりつけ医などに健診の実子が可能か問い合わせて必要に応じリスト化する、健診にかかる費用についても請求書を確認し、保険組合に代理で補助金の申請などを行ってくれるなど、柔軟に健診が実施できるように働きかけるほか、対応できる職員の人数が多いため、健診後の保健指導までに時間がかからず、受診者の健康意識の向上を図ることができます。また、業者によっては受診率の向上のために何が必要か個別で提案、分析を行ってくれる、社員向けのセミナーを開催してくれるところもあります。社員の健康を守ることは、労働環境の改善や企業全体の作業効率の向上につながります。健診の受診率を上げることはその第一歩です。ぜひ活用してみましょう。