健診の受診勧奨が必要である理由

皆さんは健康診断によって、思いがけない病気が発見されたり、これまでの不摂生を反省するきっかけとなったりしたことがこれまであるでしょうか。健康の保持や疾病の予防を図るために、健康診断を受けることはとても重要です。健診を受けなければ、自分は健康であると誤解してしまうことで医療機関への受診が遅れてしまい、適切な治療の機会を逃してしまう恐れが出てきます。そのために、厚生労働省は、特定健診等の受診率の向上、医療機関受診に繋げる観点を重要視して、受診勧奨を励行することとしています。例えば、糖尿病等、生活習慣病の発症や、重症化を予防することが出来たり、国保加入者の健康診査の効果をあげるためにも、市によって、受診していない人に対して受診勧奨を電話や文書で実施して受診率向上を図っています。

健診による受診勧奨の詳しい取り組みについて

市によっては、健康案内のイラストを増やして、わかりやすく説明するなどし、健康制度や有効性を広く理解してもらえるように努めていますが、それ以外にも、健康増進の取組みの一つとして健診受診の重要性や、健診受診の効果、被保険者から家族に健康診断を受けるよう繰り返し働きかけてほしい等、健診にまつわる様々なメッセージをWebやメールで被保険者へ発信する取り組みがなされています。更に、健診未受診者に対して、地域別で巡回健診の開催日や契約健診機関を載せたハガキを受診者に送付したり、葉書が到着する頃にコンタクトセンターから対象者へ電話による勧奨を実施したりする等し、徹底した受診勧奨をしています。健診機関は、市民の健康意識が定着するよう、施策を継続推進することが大切であると考え、受診率が低下しないようにあの手この手で未受診者に働きかけをしているのです。

健診の受診勧奨のために利用できる代行業者の健診サービスとは

前述した様な、受診勧奨を徹底していく中で、健診受診の働きかけを適切なタイミングで行うことはとても大切です。こうしたタイムリーな受診勧奨を可能とするために、健診等の予約手配及び生産代行業者等のサービスを利用している所も多くあります。代行業者の受診勧奨に関するサービス内容としては、例えば、健診の未予約者を把握し、電話やメール、ハガキ等の各種ツールにて受診勧奨を行う他、業者によっては、女性の健診促進に繋げる、オリジナルリーフレットを用意する等のサービスも行ってくれます。又、事後措置等の重症化予防の観点から、健診結果で有所見のある方を対象として、医療機関への再検査を促して受診確認までを行なってくれる業者もあります。そういった代行業者を利用しながら、あらゆる観点から、健診の受診率が下がらないような取り組みがなされているのです。