まず健診の受診勧奨とは何かを説明します

健診の受診勧奨について、紹介します。生活習慣病や特定の病気に関しては、健康診断を定期的に受けることによって、早期発見が出来るだけでなく、病気へのリスクを確認することが出来、病気の未然に防ぐことが出来ます。 ですが、すべての人が健診を受けているわけだはありません。健診受診率をあげるには受診勧奨が重要となります。ですが、自宅にハガキが来ても受診先が遠いとか、現状、悪いところがないので後回しにしてしまい、結果予約の受付時期を過ぎてしまう方も多いようです。市町村が行う健康診断の場合では各市町村によって、申し込みの方法が統一されていないようです。ネットや電話のところや郵送で案内が送られてくるところ等バラバラです。受診勧奨についてさまざまなサービスがありますので、調べてみてみましょう。

受診勧奨のサービスの紹介とその仕組み

健診の受診勧奨について、様々なサービスがあります。そのいくつかを紹介していきます。全国の医療機関と業務提携をしていて、医療機関の紹介、予約、清算代行、結果データ一元化まで、一括して代行するサービスがあります。全国に支社、支店を持っている企業の健診も対応可能です。また、予算やニーズに合わせて健診コースを選ぶ事ができます。導入のメリットとして、受診率が上がったことや企業の健康管理業務が軽減できるといったことがあります。医療機関との契約や費用の支払い業務の軽減や紙で受領していた結果の一元化をやってもらえることで健康管理業務がスムーズに行えるようになり、また、居住地が事業所から離れたところにある、任意継続被保険者の健診受診率があがりました。企業が個別で医療機関と契約するよりもメリットが多いことが分かります。

健診の必要性とそのメリットを紹介します

健診の受診勧奨は大事ですが、そもそも健診の必要性を紹介します。病気のほとんどは自覚症状がないまま進行していきます。健診によって、自分の健康状態の確認とその変化を知ることが出来、病気を未然に防ぐことが出来ます。40才以上になると、メタボに関連する病気のリスクを検査していき、糖尿病や脳卒中などの病気を予防していきます。健康診断には定期健康診断と任意健康診断の2つがあります。定期健康診断は労働者に受診を義務としているものです。国が定めた11項目を検査します。任意健康診断は人間ドック等の個人の意思で受診するものです。40才を過ぎると生活習慣病のリスクを検査するための特定健康診査があります。健診の結果に要検査や要治療と判定されたら、そのままにせず、病院等で医師の診察を受け、生活習慣の改善などを実施していく必要があります。